【FF11】チョコボ掘り!『バタリア丘陵』で掘ってみたデータ!

スポンサーリンク
ゲーム

ども、FFTのBGMを

アコギで演奏する動画すこ。犬川です。

弦楽器スキルが青字ですわぁ・・・。

はい!今回はFF11のアイテム集め!

チョコボの穴掘りにおける、

バタリア丘陵』を実際に

1日の限界値まで

掘ってみたデータをご紹介します。

Altie
Altie

John Oeth Guitar

で検索 検索ゥ♪

Nekoyama
Nekoyama

いい音色やコレは・・・。

FF11のも演ってるやん。

スポンサーリンク

掘りチョコボのステ&アビ

チョコボの穴掘りには、

掘り専用のチョコボを使用します。

ステータスは以下の通り!

アビリティは勿論掘り用の、

  • 突っつき掘り
  • 掬い掘り

の2つを覚えさせています。

掘り用の装備としては、

勝負服【青】を使用しています。

バタリア丘陵

さて!今回はチョコボの

掘りアビリティ無しでも

黒チョコボの羽根が掘れるエリアの検証!

という事で、

バタリア丘陵を掘って検証!

エリアの出土データに直接、

黒チョコボの羽根が入っているのは

全部で5エリア!

今回はその第3回目ですね。

Altie
Altie

前回のはコチラ!

Nekoyama
Nekoyama

そこそこ羽根が掘れた、

比較的珍しい回だったね。

という事でバタリア丘陵で1日の

限界まで掘ったアイテムのデータをドン!

今回は前回を大幅に超える

まさかの21枠x4列編集!!

鞄を空にして開始して約38分の掘りで、

80枠以上のアイテムが出土しました!

Altie
Altie

Ex属性の調度品、

レッドポッドが原因ですねぃ。

Nekoyama
Nekoyama

スタック出来ないからな・・・。

通常のアタリは、

  • 鳥の羽根
  • 黒チョコボの羽根
  • 獣人銀貨
  • 獣人ミスリル貨
  • 獣人金貨
  • 獣人白金貨

あたりですね。

バタリア丘陵で掘る場合は、

掬い掘りによる各種獣人貨幣。

これが特徴となりますね!

とは言え彫金スキルを上げる際に、

本来の鉱石の代替程度にしかならず

獣人貨幣を沢山欲するケースは

まず考えられない事から、

バタリア丘陵の掘りでは

あまりチョコボの掘りスキルによる

アタリ枠の増加は考えにくいと言えます。

アビリティ抜きだと・・・

突っつき掘りと掬い掘りを

覚えていない状態で掘ると考えると・・・

2022年の現在で考えると、

  • 鳥の羽根
  • 黒チョコボの羽根
  • 霊芝
  • ヘヴィメタル(レア)

あたりですね。

Altie
Altie

・・・うん!

Nekoyama
Nekoyama

何か言えや。

正直なところ、

アビリティ無しで掘る場合

バタリア丘陵のアタリ枠は

2022年の現状で考えると無いに等しいです。

またレア枠のアタリは、

発展のコインヘヴィメタルですが

コインの方は掘りで集めるには

あもりにも旨味が無さ過ぎますね。

黒チョコボの羽根も・・・

今回、掘りアビリティ無しで!

裁縫スキル上げの

67~77(83)で使用する素材!

黒チョコボの羽根を狙うと、

どれ程の数が掘れるのだろうか?

という検証を行いました。

結果としては、

38分掘って6枚の羽根をゲット・・・。

ちょっと少なすぎて、

どんだけ低確率で設定したのか!

と問い詰めたくなるレベルですね。

標準価格にして

7,500ギル分の羽根になります。

まとめ

今回の掘りにおいてのコストは・・・

  • 消費ギサールの野菜:約357個
  • 掘りにかかった時間:約38分

そしてこのコストで得たアイテムを

競売に出品したり店売りすると

ザックリ換算で

店売り5万ギル&競売2万ギルで

7万ギル程度の利益になります。

Altie
Altie

競売に出せるのは、

精々が鳥の羽根くらいです。

Nekoyama
Nekoyama

これ野菜代考えたら

純利益4万ギルくらい・・・?

尚ギサールの野菜500個の

掘りコストに31,000ギルかかります。

時給換算すると、

バタリア丘陵の掘りは時給10万ギル!

総評すると、

バタリア丘陵でのチョコボ掘りは

限りなく虚無に等しい何か!な様です。

Altie
Altie

・・・良いトコが

思いつかないっ・・・!

Nekoyama
Nekoyama

そういう日もあるわな。

検証しないと分からないし。

そんな感じで今回の記事は以上です。

ここまで読んで頂き、
ありがとうございます!

チョコボGP
楽天ブックス

コメント

タイトルとURLをコピーしました