【給付金】腐るお金の配布はダメなんスか?【最下層からの呼び声】

スポンサーリンク
投資・金融・経済

ども、動画編集の
追い込みをかけている犬川です。

朝6時から編集して
12時間かけても12分も進まないって・・・。

今回は、今何かと
世間で話題に挙がる給付金について。

再配布や、代替の手段などについて

最下層の住民の視点で
お話しようと思います。

尚、政策がテーマのお話になりますので

どうしても多少は政治の話が入りますが

あくまで犬川個人という
1人のビンボー人
の立ち位置からの

お話になる事はご了承ください。

犬川P太郎
犬川P太郎

もらえるものは
病気以外なら

なんでもイタダくぜ

猫山さん
猫山さん

タイム・ボーナスでも
狙って
馬に乗ってろ。

スポンサーリンク

給付金の今までの流れ

まずは給付金がどの様な
流れを辿ってきたのか?

軽くおさらいしてみましょう。

最初は、何故か
お肉券・お寿司券の配布検討とかいう

誰がどー考えてもお粗末クソ利権状態
で配布をしようとしていましたね。

これが去年の3月のお話。

この案は(当たり前だけど)国民の
猛反発を喰らいポシャりましたが

後にGo to Eat事業で
実現される事となりました。

その後に浮上した案が、
条件付き30万円の給付金案」ですね。

新型コロナ対策30万円給付金。もらえる対象は?制度の問題点とは?(増澤陸) - Yahoo!ニュース
新型コロナウイルス被害への緊急経済対策として「条件付きでの現金30万円給付」が打ち出されました。収入減に困っている人や経済への刺激策として効果が期待されています。一方で配布方法に問題も。図解します。

こちらは去年の4月の段階でのお話です。

貰える対象や条件などの情報が錯綜し、
様々な情報が飛び交いましたね。

結構詳細な部分まで
詰められていたにも関わらず、
この案もポシャりました。

  • 労働している
    年金受給者は貰えて、

    年金生活者・生活保護受給者は
    貰えないから。
  • 失業申請のタイミングで
    給付可か否かが決まるから
  • 世帯ごとの配布で
    1人あたりの金額が変わるから
  • 不正受給の可能性があるから

という、???な批判を受けての
撤回だったようです。

今改めて見ても、

ちょっと何言ってるか
分からない。(いい声で)

結局不正受給の問題点は、
持続化給付金の方で
現実のもの
となりましたが。

最終的には皆さんもご存じの通り、

全国民を対象とした、
申請者全員に一律10万円給付
という形で決定されました。

スピード感、公平性の為の一律10万円

条件付き30万円の給付より、
一律10万円の給付が選ばれた理由は

  • 実際の配布までのスピード感。
  • 不公平な給付を防ぐための
    公平な処置。

という事らしいのですが。

スピード感の方は
まだ納得できるんですよ。

最速での給付は
熊本県の産山村で5月1日
から給付です。

しかし遅れている地域もあり
大都市ほど人口密集の問題で

6月末になっても給付率が5割以下
の地域も
ありました。

更には世帯単位の給付だと
1人あたりの金額で不公平となる!

という問題から
一律10万円となりましたが、

その公平感のおかげで犬川は
思いっきり損になった
んですけどね。

なにせ、1人あたりという事で

  • 生活に困っていない
    親子3人家族=30万円
  • コロナ失業を喰らった
    犬川=10万円

でしたから。笑うしかねぇー。

公平感って何だろう
って思いましたね・・・当時は。

貯蓄されただけ?の10万円

さて、最近なにかと話題の
「給付金の再配布」ですが。

これに待ったが
かかっている主な理由が

前回の一律10万円給付の
大半は貯金に回った為

経済効果を生まず
意味を成さなかったから。
というものです。

麻生財務相「10万円給付分だけ貯金増えた」 効果を疑問視:東京新聞 TOKYO Web
麻生太郎副総理兼財務相は24日、新型コロナウイルス対策で配られた一律10万円の「特別定額給付金」の多くは貯金に回り、景気浮揚効果は限定...

いや嘘付けよ。

この預金・貯蓄が増えたって
データを取ったのは去年の9月の事です。

そんなすぐ庶民が
10万円使い切る訳ないだろと。

最速でも5月、
遅いと数か月後の給付なのに

9月時点のデータな時点でアレですが。

大半の方は、
犬川と同じ様に生活費や税金で

毎月少しづつ10万円が
溶けていったのではないでしょうか?

現代のコロナ禍での日本で

お金に困ってない人>>>お金に困っている人な訳あるかなぁ?

普通に困っている人の方が多いから

こんなに問題になってるんじゃ
ないんスかね?

っていうか最下層の住民的には、

貰った10万円は貯蓄しないと死ぬんスわ。

なんせ額が少なすぎて、
10万円を貯金しようが

どんどんお金は出ていくし
最終的には税金分でトントンくらいだよ。

60万円とか給付されれば、
貯金に回す心配もなく
使えるんですけどね。

いやスマン、嘘ついた。
60万円でも一旦銀行に入れて

毎月の生活費と
税金の支払いに充てるわ・・・。

でもこれ財形貯蓄という意味の
貯金では無いですからね。

腐るお金じゃダメなんスか?

最下層の住民なりに
色々考えたりもしましたよ。

なんせ今はお仕事が無くなったからね!

考える時間はありました。

現実的に考えて、こんなに大々的に

再配布はしねーわ
と言われてる現状を見ると

現金での給付金再配布の可能性は
絶望的でしょう。

まさに、諦めの境地!
ってヤツですわな。

でもそんな、
コロナ前から既に最下層だったのに

更に悪化した生活環境の
犬川が超助かったのが

地方自治体が発券して配布された
地域振興券的なヤーツ
です。

金額は市町村によってまちまちですが、

地域のお店なら大抵どこでも使えて、
食糧がその券で買える。

食費という避けられない生活コストを

直に救ってくれるこの券には
マジで助けられました。

犬川の食費事情についてはコチラ。

その恩恵をモロに実感した僕は
考えたんですよ。

腐るお金じゃダメなんスか?
国民に給付するの。

1ヵ月に5万円、
その月内に限り有効で

食費や固定費の支払いが
可能な券を発行する

金額は例ですが、
これじゃダメですかね?
給付金の再給付の形。

これなら1ヵ月過ぎたら腐るお金なので
貯金は出来ないし、

5万円以下で生活費全てを賄う
HENTAIは極少数だし、

お金に困ってる人にとって
月/5万円の支援は神
だし、

逆にお金に困ってない人は
腐らせれば良くないっスかね?

勿論、一律給付でなくても
低所得者層に限定して配布
でもいいですよね。

期限付きの腐るお金とは言え、
お金持ちも貰ったら食費に使うだろーし。

まぁこのやり方も
問題はあるんでしょうが、

そもそも問題点の無い政策とか
ないですよね?

貯金が問題っつーなら
腐る金券を配ればいいじゃない!

まとめ

ってな訳で今回は、

何かと話題の給付金再配布について。

コロナ失業を喰らって

ますます最下層な住人の犬川の視点で
お話しました。

地域振興券的なものを
国が発行してくれたら、

めちゃくちゃ助かるんスけどね~・・・。

何となくだけど、何も無し!
でそのまま流れる気がしてならない。

チョイ前も、
5万とか15万の再配布か!?

って騒がれたけど
何も無かったですしね・・・。

総合的にまとめると、
お金に困ってる人は

国の支援を期待して
待ってるより自力で
何とか踏ん張るしかねぇ!

というクソ世知辛い結論
になりそうです・・・。

ガチのマジで困窮している人は、
秒速で生活保護の申請をしましょう。

その為の納税・・・あとその為の福祉?
ですからね!

厚生労働省の発表でも、
コロナでヤベー奴は生活保護カモン!

って言ってるので
何一つ恥じる事は無いですよ。

それでは今回の記事は以上です。

ここまで読んでいただき、
ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました