『無駄』『余計』『意味無い』ものを楽しめる人生は素晴らしい!というお話。

スポンサーリンク
人生論

ども、何とか今月のアンバスで

2万ポイント稼ぎ切った犬川です。

今日はもう4月1日突入!という事で、

現代人の娯楽に対する姿勢について!

無職でお金は無いけど、

時間は湯水のごとく使える犬川が

『無駄』『余計』
『意味ない』

ものを楽しむ魅力
をお話しようと思います。

4月1日だから好き勝手言っても

セーフやろってのもある。

犬川P太郎
犬川P太郎

免罪符免罪符。

猫山さん
猫山さん

嘘付いて良いのは

午前中だけらしいぞ?

スポンサーリンク

無駄を恐れる現代人

以前僕は、BGV
(バック・グラウンド・ビデオ)

という概念について
好き勝手お話しました。

簡単に言うと、

忙しすぎる現代人は
精密に作り込まれた作品に割く

精神的リソースが無いほどに疲れてる?

っていう内容なんですが。

そうでない人達もいるようで・・・。

映像作品を倍速して見る層が
増加している傾向にある様です。

「映画を早送りで観る人たち」の出現が示す、恐ろしい未来(稲田 豊史) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

まっ、ここは
あえて深堀りはしませんが

兎に角、
時間を『無駄に』浪費する事を恐れる
人が多いのかな?

と僕は疑問を持っています。

映画を作品として
観て楽しむのでは無く、

共通の話題、話のタネとして
消費したい場合は

倍速で見て
1時間も『無駄』に浪費
してないで、

5分程度のYoutubeのレビュー動画を
倍速で見ればいいんじゃね?

と思ったりはしちゃいますが。

犬川P太郎
犬川P太郎

3分で映画1本消費できるよ?

猫山さん
猫山さん

怒られるからやめとけ。

MMO/ローグライクの衰退

ゲームこそ我が人生!

と公言する犬川ですので、
ゲーム界隈に話を移しましょう。

現代で隆盛を極めているゲームは、

  • どこでもパッと起動できて
  • 頭空っぽでも問題なく遊べて
  • 人付き合いの必要が無く
  • かつ皆がプレイして話題になる

プレイ人口の多いソーシャルゲームです。

逆に衰退の一途を辿っているのが、

MMORPGやローグライクゲームです。

MMORPG

当世風に言えば、

ひと昔前のネトゲ』ってやつです。

MMORPGとは、

  • Massively(大規模に)
  • Multiplayer(大人数で)
  • Online(オンライン上で)
  • Role(役割を演じる)
  • Playng(遊びの)
  • Game(ゲーム)

の略称ですね。

いわば、用意された
ゲームという1つの別世界で

現実の世界とは違う自分になれる!
という遊びです。

まさに現在大流行している

異世界転生なろう系物語
を体験できるものです。

しかし一部の
『無駄』『余計』『意味ない』
事を恐れる

無粋で声が大きい人達によって
ネトゲ文化は歪められ、

本来の遊び方であるロールプレイが

『なりきりプレイの痛いヤツ』扱いされ

ゲーム内の数字や効率こそが大正義!

となり易い土台が出来上がっています。

〇〇のクエスト、
あれ面白かったよね~!

という話に対して

〇〇のクエストは報酬が無い!

やる意味ない!ゴミクエ!

って言ってた人を見た時の
僕のやるせなさ。

分かってくれる人はいると信じたい。

犬川P太郎
犬川P太郎

お前もう電源落せ
って思ったね。

猫山さん
猫山さん

その人は性格がちょっと・・・
アレかもな?

皆が求めて止まない、

異世界転生モノのファンタジー世界は

ネトゲという形で既に体験できるのに

いざその世界に入ったら
現実の忙しなさに引っ張られて

効率、効率、また効率・・・!

ってのはあまりにも
もったいねーって思いますね。

剣と魔法の冒険者生活に浸るのって

半端なく面白いですからね。マジで。

ローグライク

ネットゲーム以外で衰退しているのが、

ローグライクゲーム
と呼ばれるジャンルです。

風来のシレン』や、

トルネコの大冒険
不思議のダンジョン

が有名どころですね。

このローグライク系のゲームは

1回失敗すると全てを失い最初から

というのが基本的な骨格です。

頑張って集めたアイテムや、

鍛え上げた武器・防具が

一瞬の油断で全て無に帰す・・・。

という割と厳しめのスタイルですので

当然『無駄』を恐れる
現代人にはウケ難く、

ローグライクゲームでも安心!

アイテムロスト無し!
中断機能アリ!

みたいな
クソ温いローグライクも増えました。

しかし、ローグライクゲームの
本当の面白さは

プレイヤー自身が成長する事

にあります。

痛い目を見てしまったからこそ、

次の挑戦でそれが活きる。

同じゼロからのスタートでも、

蓄積されていく知識と
経験則によって攻略が進む!

これがローグライクの醍醐味であり、

最も面白い部分だと僕は考えています。

忙しく『無駄』を恐れる
現在人にとっては

やられた!全アイテムロスト!
Lv1からやり直し!

となった時に

今までのプレイ時間は
無駄なものだった

と捉えられてしまうのは
超もったいねー!!

って思ってしまいますね。

漫画の継続

お次は犬川の好きな漫画について。

最近はFF11にドハマりしているせいで、

あまり新作を発掘できずにいるのですが

自室の漫画本が数千冊ある僕にとって、
漫画は人生の一部です。

猫山さん
猫山さん

お前の人生遊びばっか
じゃねぇか!

犬川P太郎
犬川P太郎

本望ですわな・・・。

Lv20になったら
賢者になれるし。

とかく現代人は『無駄』を恐れますから、

マンガを見るという
娯楽に対しても妥協はしません。

他人のレビューを読み漁り、
誰もが知る人気作に飛びつき、

傍らにある超面白い傑作には
目もくれません。

1つ、めちゃくちゃ具体的な
実例を挙げましょう。

ふたりソロキャンプ
というマンガがあります。

2021年4月1日現在、
電子版は1巻が無料で読めます。

まずは何の前情報も無く、
読んでみて下さい。

何故か電子版だと
リンクが反応しなかったので

紙書籍版のリンクを貼ってます。

電子版に切り替えて、
読んでみて下さい。

・・・読みました?
ヤバくないっすか?

何だ!?
この身勝手過ぎる
ヒロインは!?

ってなったんですよ僕は。

漫画と言えど、
写真の取り込みを多用

リアルに極力寄せる内容で
このキャラの性格は辛い・・・!

つーかやってる事が犯罪じゃねぇか?

ってレベルなんですねー・・・。

楽天の方のレビューはまだマシですが、

Amazonの
レビュー欄がヤバい。

もうヒロインの非常識な行動について

ボログソに叩かれ

やれ時間の無駄だった、
やれ以降の購入はあり得ません

と、まさに立ち上がりは大失敗
って漫画です。

普通の人であれば、『無駄』を恐れ

これ以上の購読の継続はやめるでしょう。

ですがこのふたりソロキャンプは

始動こそ悪かったものの、
その後は見事に立て直し

現在は9巻まで
しっかり連載が続いています。

2巻以降は
ヒロインの極悪っぷりもナリを潜め、

面白く、完成度の高い作品へと
昇華していきますよ。

この事を知っているのは、

『無駄』を恐れず

『我慢して』『期待して』
娯楽を努力で継続した人だけです。

あと今この記事を読んでいるアナタ。

他人のレビューや評判を気にせず。

時には自分の感性すら無視して
読み続ける。

この先で偶に出会う傑作は、

何物にも代えがたい面白さがあります。

犬川P太郎
犬川P太郎

粗製乱造のなろう系漫画も

まだまだ面白い作品あります。

猫山さん
猫山さん

まさに石の中から
玉を探す楽しみだな。

まとめ

すいません、好き勝手語っていたら

3000文字超えそうなので
まとめにいきましょう。

兎に角余裕の無い現代人は

『無駄』『余計』『意味が無い』
事を恐れ、

対時間のコスパに追われ続けています。

決して効率プレイを
否定する趣旨ではありませんが、

実は『無駄』と断ぜられ、
打ち捨てたその先にこそ

メッチャ面白れぇモン
が転がってるやんけ!!

という体験は、
1度だけでもしておく価値があります。

子供の頃、夢中で遊びまわってた時は

どんなくだらない事でも
全力で楽しんでいたでしょう?

今回の記事ではあえて、

『無駄』を嫌う

ではなく

『無駄』を恐れる

という表現で統一しました。

これは煽っている訳では無く、

何か集合無意識・集団心理に影響されて

無理に時間を圧縮して、
イヤイヤ作品を消費してねぇか?

という疑問を僕が感じたからです。

本当に自分が『無駄』だと思うものは

思い切ってゼロにして、
その分で作った時間で

大いに自分の好きな分野の
『無駄』の先を追求してみる。

たまにはこんな行動も、
『無駄』ではない気がします。

無駄・余計・意味の無いものを
楽しめる人生は

余裕があって素晴らしい事じゃね?

と少しでも思う方はレッツチャレンジ!

という所で今回の記事は以上です。

ここまで読んでいただき、
ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました