大暴落!?爆下げ!?どうする!?株式相場下落時のマインドセット

スポンサーリンク
投資・金融・経済

ども、犬川です。

最近筋トレ後の腹痛に悩んでいる。

今回は投資の中でも、
犬川が全賭けしている米国株のお話。

28日夜~29日明け方にかけて、

943ドル下落したNYダウや、
120ドル下落したS&P500指数について。

また相場下落時にこそ活かしたい、

投資においての心構えを
ご紹介できればと思います。

犬川P太郎
犬川P太郎

激流に身を任せて同化する・・・。

スポンサーリンク

下落をチェック!大事なのは率

さて、昨日の夜は
株価指数の下落がありました。

ツイッター等でも
悲鳴を上げている人がいましたが

そのチャートをおさらいしておきましょう。

犬川の投資先である、

米国株価指数についてのお話である事を

ご承知の上お読みいただければと思います。

まずはNYダウ。

昨日1日で-943.24ドル(−3.43%)
の下落となりました。

犬川が大好きなS&P500指数。

昨日1日で−119.65ドル(−3.53%)
の下落となりました。

みんな大好き米国高配当ETFも
−3~3.4%の下落幅でした。

犬川に関係する米国株は、

昨日1日でおおよそ3~3.5%下がった
という事ですね。

その影響で、今日は
Youtube,SNS,コミュニティが
大騒ぎでしたね。

大暴落だ!爆下げだ!
終わりの始まり!大損だ!
損切りだ!

などなど・・・。

この程度の下げは、
何も騒ぐ事ではありません。

大事なのは、
下落の値幅を見る事ではなく

下落のを見る事です。

900ドルの大暴落!などと煽られたら、

さも凄い暴落が来たんだ!
と勘違いされる方がいます。

しかし、見るべきは
下がった数値ではなく下がった率です。

3%です。昨日下がったのは。

たった3%程度の下げは、ふつーにある事。
ただの調整ですね。

昨日の夜中に先行してツイートしましたが、

この程度は暴落など、ましてや
大暴落などとは間違っても言えません。

例えるならハンターXハンターで

ラブリーゴーストライターの
予言にも記されなかった
クラピカの
団長拉致イベントです。

クロロさんに言わせるなら、

1日3%の下落率など何でもない、

昼下がりのコーヒーブレイクと
変わらない1日って事ですね。

暴落と呼べるのは・・・?

色んな投資家やYoutuberが、
暴落だって
言ってるんだから暴落だろ!?

と思うかもしれませんが、

暴落か否かは人に言われて決める事
ではありません。

短期トレードなのか、長期積立なのか、

投資先の商品は何なのかで
変わる事だからです。

自分の投資手法によって決まる事であって、

「誰々が言ったからそうだ」と思うのは

失敗へと続く1歩目ですので注意が必要です。

まぁ敢えて定めるとしたら、

10%~15%の下落で暴落。

20%以上の下落で大暴落。

と言ったところでしょうか。

5%下がっても、7%下がっても
暴落とは言えません。


ましてや3%如きで何をそんなに
騒いでいるのよって話です。

10%で暴落、と言っても
実際のケースは様々です。

ブレーカーがバッチンバッチン落ちながら

1日で一気に10%以上下がる事もありますし、

3%の下落を4日連続でカマして

10%以上の下落となるケースもあります。

100(元値)→97(3%下落)→
94(3%下落)→91(3%下落)
→88(3%下落)

といった具合ですね。

さて、10%以上値下がりするには
あと3日連続で

昨日の夜のようなボウラクダー!
を繰り返す必要があります。

今年3月のコロナショック時は
これが起こりましたが、

今現在から大統領選を踏まえても
それ以上の混乱が起こるのか?

ここは良く考えた方が良いと思います。

雰囲気に流されるのはNG

このようなちょっとした下がりでも、
日足チャートで見れば

ジェットコースターどころか、
ナイアガラ並の急落下に
見えてしまいます。

チャートを見て
その急転直下っぷりで焦った時は、

週足や月足のチャートにして
眺めるようにしてみて下さい。

あれ?言うほど大した下げじゃなくね?

この前も同じような事起きてね?

という事に気付き、
パニックになりかけた心を
静める事ができます。

絶対にしてはいけない事は、

暴落だ!爆下げだ!買い時だ!という

周囲の雰囲気に流されて
買いや売り
を行う事。

これはもう圧倒的NG行動なので、
絶対に行わないようにしましょう!

既に昨日の時点で、

○○ドル以下になったから2株追加!

今がチャンスと見たので○○万円追加!

と言った「アカーーーーーン!!!!
ってレベルの
買いを入れた方々が
複数人いらっしゃいました。

モチロン、投資の勉強であったり

目標達成の為の売り買いであれば
何の問題もありません。

しかし投資は規模の世界。

たかだが3%程度の調整で、

数株~数十株いじっても
数万~数十万円をいじっても

現実問題として何も変わりません。

その程度の極々小規模のレベルで

人生の目標を達成できる状態に
なっているのであれば、

もう9月末の下げ相場で
ゴールインしてないとおかしいですからね。

まとめ

コロナショック直後や、その後の時期から
投資を始めた方にとっては

今回の下落が恐ろしい物に
映ったかもしれません。

含み損を抱えて
不安になった方もいるかもしれません。

しかし、断言しておきましょう。

28日の下げは大した出来事ではありません。

また、今日これから
米国の市場が開かれます。

当然、更なる下げから
スタートする可能性が高いです。

今日も3%下がるかもしれません。

それでも大した出来事ではないんです。

4日連続3%下げの懸念があったとしても、
まだ2日目だからですね。

相場下落時は、
恐怖でパニックになるマインドを

どうコントロールするかが重要です。

周囲や市場が混乱していても、
心穏やかに投資するには。

自分で決めた投資法に
納得して、信じる事です。

クソ怪しい精神論に
聞こえるかもしれませんが、

実際そうなんだからしょーがねーです。

逆にこれが出来なければ

市場の大きなうねりや、
周囲の雰囲気に流されて

いつの間にか自分だけ
資産を失って退場
する事になります。

自分の投資法に納得して信じるには、
勉強と実践あるのみです。

投資の勉強であるならば、

1つの銘柄・1つの投資法にかける
最低金額は手取り月収1ヵ月分。

というのはコチラの記事で解説しました。

自分の目標とする
買いラインの値段で買う事が最重要!

というのはコチラの記事で解説しました。

はっきりと
自分の目標やゴールを決めておけば、

周囲の雰囲気に流されて
売り買いをしてしまう

といったNG行動を回避する事が出来ます。

こういった下落時に改めて、

最初に自分で決めたゴールと、

そこに至る為の手法
を確認しておきましょう。

心穏やかに投資に向かえる
マインドが出来ていれば、

「さぁ~て今日は
どの程度下げるかなぁ?」

「それとも反発するのかなぁ~?」

と魔王みたいなポジションから
市場を見る事が出来ます。

この位の心の余裕が、
下落時でも落ち着いて投資をするには
必要という事です。

しっかりと勉強して知識を付ける事で、

変に毎日ストレスを抱える投資をする人が

1人でも減ってくれれば良いな、
と思っています。

ここまで読んでいただき、
ありがとうございます!


コメント

タイトルとURLをコピーしました